鳥取大学大学院持続性社会創生科学研究科

博士前期課程工学専攻

教育研究上の目的

持続性社会創生科学研究科工学専攻は、先端ものづくり技術、高度情報社会技術、高度な化学バイオ技術及び生存基盤を支える社会技術の高度な教育研究を行うとともに、それらを駆使して持続性社会の創生のために工学分野の多様なニーズに対応できる高度専門技術者、又は研究者を養成することを目的としています。

修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

工学専攻では、学位論文が新規性、創造性などを有しており、以下の能力・素養を身につけたときに、修士(工学)の学位を授与します。

  • 人類の福祉と社会の発展に貢献するため、「持続性社会」に関わる工学分野の多様化するニーズに対応できる知識・技術
  • 先端ものづくり、情報やそれらの融合に関する研究や技術開発ができる学修能力
  • 工学分野の高度な専門性を有し、それらを活かすことができる高度な人間力(コミュニケーション力・実践力・プレゼンテーション力など)

なお、本専攻では修士(工学)の学位を授与することを基本としていますが、学生の研究が他領域も含んだ内容となることも想定しており、その場合は学生の履修内容や学位論文の内容を審査した上で、修士(学術)の学位を授与することとします。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

工学専攻では、「修了認定・学位授与の方針」に示す能力・素養を身につけられるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し実施します。

  • 学生の学問的関心を喚起するために、各学問領域や実社会で取り組まれている技術開発に触れる科目や、実践力、コミュニケーション能力の強化を図る実習科目等を専攻共通科目として設けます。
  • 高度な先端ものづくり技術、高度情報社会技術、生存基盤を支える社会技術など、工学分野の高度なハードウェアとソフトウェアのものづくりに関する知識・技術を体系的に修得させるとともに、専門性を深めるような展開科目を設けます。
  • 工学に関わる専門的・自律的研究能力を修得するための教育を、当該分野に関する実験及び演習、そして修士論文の指導を通じて行います。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

研究科の「入学者受入れの方針」に加えて、工学専攻では、工学分野の多様化するニーズに対応できる知識・技術を学ぶとともに、研究活動を通じて知識と技術の両者を調和させて一体化することのできる技術者・研究者を目指そうとする人を求めています。

文字サイズ

  • 標準

文字色/背景色

  • 標準
  • 白/黒
  • 黄/青