鳥取大学大学院持続性社会創生科学研究科

博士前期課程国際乾燥地科学専攻

教育研究上の目的

持続性社会創生科学研究科国際乾燥地科学専攻は、乾燥地における気候・生態系、食糧・農業、人間開発及び乾燥地で生じる問題に関する高度な教育研究を行うとともに、自然と調和する循環型社会の創生のために国際的に活動できる高度専門職業人、又は研究者を養成することを目的としています。

修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

国際乾燥地科学専攻では、学位論文が新規性、創造性などを有しており、以下の能力・素養を身につけたときに、修士(農学)の学位を授与します。

  • 地球上で最も脆弱な地域である乾燥地の社会、気候、水資源、生態系および農業の実情を理解し、砂漠化、食糧不足、貧困などの人類が直面する地球規模課題を俯瞰的に考究できる素養
  • 持続的な文明活動の継続のために、それぞれの専門性を活かして、実践的でグローバルに活躍できる技能

なお、本専攻では修士(農学)の学位を授与することを基本としていますが、学生の研究が他領域も含んだ内容となることも想定しており、その場合は学生の履修内容や学位論文の内容を審査した上で、修士(学術)の学位を授与することとします。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

国際乾燥地科学専攻では、「修了認定・学位授与の方針」に示す能力・素養を身につけられるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し実施します。

  • 国際的に活動するための知識や素養を身につけるために、先進的な乾燥地科学の知識を修得し、英語による論文執筆トレーニングや海外実践活動を組み入れた実習科目等を基幹科目として設けます。
  • 乾燥地における気候・生態系、食糧・農業など、乾燥地科学に関わる諸分野の知識・技術を体系的に修得させるとともに、専門性を深めるのみならず、乾燥地に生きる人々の生活の質等を学べるような展開科目を設けます。
  • 乾燥地科学に関わる専門的・自律的研究能力を修得するための教育を、当該分野に関する特別演習、そして修士論文の指導を通じて行います。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

研究科の「入学者受入れの方針」に加えて、国際乾燥地科学専攻では、世界には多様な自然環境、文化、価値観があることを理解し、社会的少数者や厳しい環境下にある人々に対して思いやりの気持ちをもつとともに、グローバル時代に生じている様々な問題に興味を持ち、解決のために自ら貢献したいと思う人を求めています。

文字サイズ

  • 標準

文字色/背景色

  • 標準
  • 白/黒
  • 黄/青